ハゲ脱毛症対策として使われる育毛剤

ハゲ脱毛症対策として使われている育毛剤では、医学的に発毛作用が確認されている薬品は以下の2種類のみです。


ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)


頭皮にふりかける外用薬で、もともとは高血圧の治療薬として開発された薬です。血管拡張作用によって発毛を促すといわれていますが、メカニズムには不明な点が多いようです。


頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用あるとも言われています。


ハゲ脱毛症の対策として利用されている薬品で発毛作用が確認されているもう1つの薬品はフィナステリド(商品名プロペシア)と言われる内服薬です。


頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す作用があるようです。


アメリカの製薬会社メルク社が開発し、日本でも、メルク社の100%子会社である万有製薬が2厚生労働省の承認を受け、自由診療(保険外診療)として医師の処方箋に基づいて使用できるようにしました。


しかし、これらの薬品も効果があるかどうかは個人によって異なりますので、専門家との相談の上、利用をしたほうがよさそうです。


人によっては一層脱毛が進むあり、効果があったとしても使用を続けなければ元に戻ってしまうこともあるので、ハゲ脱毛症の対策の1つして捉えることができるかどうかは本人次第になります。専門家との相談をじっくりする必要があります。



posted by ハゲ脱毛情報 | ハゲ脱毛症の対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。