髪の毛の色とメラニン

髪の毛の色はメラニンによるもので、俗にメラニン色素と言われています。


メラニンには、黒〜茶褐色のユーラメニンと、赤褐色〜黄色のフェオメラニンの2種類があり、色の濃さはユーメラニンにより決定されます。


黄色み・赤みはフェオメラニンによって左右され、ユーメラニンが多ければ毛髪の色は黒色に近付き、フェオメラニンが多ければ暖色近い髪の毛の色になります。


フェオメラニンはユーメラニンよりも化学的に安定しており、髪の毛が酸化された場合には、ユーメラニンから先に破壊されていきます。


髪の脱色を行ったときにユーメラニンは急速に破壊されてしまいますが、フェオメラニンは比較的ゆっくりと破壊され、フェオメラニンが破壊されると髪はオレンジ色になり、次第に黄色へと近付いていきます。これらのことから、髪の毛の脱色は髪の毛の痛みの原因とされています。


posted by ハゲ脱毛情報 | ハゲの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。