ハゲの原因

ハゲの原因ははっきりしたことはわかっていないのが現状です。しかし、ハゲの原因の1つとしてあげられるのが毛根の傷みです。


通常、髪の毛は1つの毛穴から3本出ていますが、毛穴が何らかの形(汚れ、脂分など)でつまってくると毛穴につまった汚れが毛根の新陳代謝を妨げます。


そのため、毛根が弱ってきて髪の毛が抜け落ちてくる場合があります。また、ハゲには男性ホルモンの影響もあるようです。


毛には毛周期といって通常は2〜3年で毛が抜け替わってしまい、そこで成長の終わった毛根は次の新しい毛を作り始めます。こういったサイクルを数年で繰り替えされているため、通常でも1日に100本程度の抜け毛は普通なのです。


この毛周期のサイクルが破壊されると髪の毛が1日に100本以上抜けはじめハゲになっていきます。


ハゲの原因の中に男性ホルモンの影響があると言いましたが、男性ホルモンの一種のテストステロンというものが酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変換され毛乳頭に沈着します。


ジヒドロテストステロンが毛乳頭に沈着してしまうと血行不良を起こし毛乳頭への栄養状態を低下させ、毛周期を破壊してしまい、毛根を萎縮させます。


毛根が委縮するということは髪の毛の成長が滞ってしまうのでハゲの原因とされています。


posted by ハゲ脱毛情報 | ハゲの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。