ハゲ脱毛症対策としてかつらのデメリット

ハゲ脱毛症対策して簡単に行えるのが「かつら」ですが、そのデメリットも実は大きいのです。かつらのデメリットは次の通りです。


かつらはオーダーメイドであるため、1つの製作に数十万円の費用がかかります。


かつらは磨耗するものです。通常、磨耗を防ぐため2個以上製作して交換しながら使用します。


磨耗が進むと、残っている髪の毛と整合が取れなくなるため、作り直す必要がります。そのため、かつらの寿命は2年間と言われています


かつらの毛は伸びてこないですが、残っている髪の毛は伸びます。そのため、かつらとの整合が取れなくなるため、一般の理髪店より高額な専門の理髪店で整髪をする必要があります。


かつら自体が悩みになることがあります。


かつらにより、見た目は改善されるますが、かつらをしていることがバレるのではないかという別の悩みを抱え込むことになりがちです。

posted by ハゲ脱毛情報 | ハゲ脱毛症の対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。